togomama シムズ4プレイ日記

最近高まってきたシムズ熱を細々記録出来たらなと思います。その内チャレンジにも挑戦したい。

【シムズ4】Vampaires (21) 僕の一番大切な人【プレイ日記】

※BL表現がありますので、苦手な方はご注意ください。
※少しだけ成人向けMODの内容を取り上げていますので15歳未満の方は閲覧をお控えください。

 

ミア(パパとママ、いつも仲良しで良いなぁ……)

ミア(私もいつか……)


こんにちは、togomamaです。

前回「コナーと婚約する」欲望を出していたミアですが、まさかのゴーストに遭遇してしまったために結局プロポーズしないままデートを終えてしまいました。

後日、引き続きマーカー家を操作していると、コナーがアポなしでやって来てすっとミアの隣に座りました。

ミア(急にどうしたんだろう……)

私は知っているぞ、これは……!どきどき。

まさか本当になるなんて!シグワース コナーはマーカー ミアに心からぞっこんで、彼はプロポーズしています!

やったぁぁぁあ!!!

答えは当然「もちろん!」

別に逆プロポーズを狙っていた訳ではないのですが、放っておくとミアを未婚のままマーカー家へ引き止めそうなくらいには子育てに疲れ切っているプレイヤー。

せっかく結婚したいと言っている二人を引き裂くほど野暮ではありませんよ!

ミア「嬉しい……!本当に私で良いの……?!」
コナー「もちろん!ミア以外なんて考えられないよ!」
レオルドパパ(何だ……、何が起こっている……?)

せっかくコナーが家まで来ているので、そのまま両親に報告します。

コナー「お義父さん。聞こえていたと思うんですが、ちょっとお話が……」
レオルド「あっ?!な、なにかな……ちょっと待って……!」

ミア「パパ、私コナーと結婚するわ!」
レオルド「結婚って……、まだ高校を卒業したばかりだろ?!本気で言ってるのか?!」
ミア「何言ってるの。姉さん達だって似たようなものでしょ」

そう言えばコナーの願望は「一流バーテンダー」でしたが、レオルドは実際に有名バーテンダーなので、仕事の事も聞きつつ仲良くなってくれたら良いな。なんて思っています。

アラベラもレオルドも絵を描くのが好きで、ミアも画家キャリアに進んでいるので、両親に似た仲良し夫婦になってくれるのでは。


コナーが帰った後、あまりの動揺か喜びのあまりかは知りませんが、いつもより多めにドリンクを量産するレオルド。

バートリックは凄いんだけど、最終的に6個のドリンクを作るだけ作って、飲まずに仕事に出てしまいました。

仕方がないので、1人2杯ずつ消化する在宅メンバー。

以前に利き手の事が気になって調べた時、YouTubeで飲み物を飲む手が利き手と言うのを見かけたのでどっちの手から口を付けて飲むんだろう、と見守っていたのですがアラベラもミアも両方の手から口を付けて飲んでいました。

Xの相互さんに教えていただいたのですが、shift+シムをクリックでシムの色々な情報が見られる画面が開けるんですね。

これはすごい!全然知りませんでした!👀

特質を削除する画面で利き手についても確認が出来ました。

アラベラは左利き、以前ルイスがアラマタとご飯を食べていた時に鏡合わせのようになっていたので、アラマタは左利きなのかなと思っていましたが、右利きだったみたいです。

 

そしてもう一つ発見したのがこのshift+シムクリックの中に「エイリアン形態を追加する」という項目が……!

我がワールドのエイリアンっ子はアリアもレオンも普通のシムだったので、試してはいないんですが、後からエイリアンにすることも出来る……?!

知らなんだ~~~……!

でも、それがこの子達の個性と思って育ててきたので、今更エイリアンにしたりはしないつもりです。

 

レオンが登場したついででなんですが、これまで散々子供たちを脅かしてきたベッドの下の怪物対策に「番人クーララのウォールライト」を設置しました。

これがあればもうベッド下の怪物に脅かされて子供たちが眠れぬ夜を過ごすことはありません!

別に設置しなくても困りはしなかったんですが、せっかくなので(笑)

 

アランのキャリアレベルが上がってシグザムを訪れて以降、未来シム研究所へはしばらく訪れていなかったのですが、久々にアランの職場へ付いて行ってみました。

最初に一時停止して、タスクを確認。アランに仕事の指示を出して、一時停止を解除したところ、突然不穏なBGMと共に画面がここへ引きつけられました。

ちょっ……、待て待て待て!!!私何もやってないよ?!

神に誓ってなんもしてない!ブログの話題作りのためにシム殺すなんてやるわけないから!!!

ちなみにアランは先ほど私が指示を出した通りに奥でワームホール発生器の調整をしてくれています。

何アランのSim-Rayにやられましたみたいな顔してんだお前!濡れ衣!!!

最近死人が多すぎじゃないですか?!

一応命乞いをアランに指示しておいたのですが、ワームホール発生器の調整が中々終わらず、間に合いませんでした

ぞろぞろ集まっている同僚を冷ややかに眺めながら遅れてやって来るアラン。

アラン「皆さん、仕事中ですよ。雁首揃えて一体どうしたんですか?」

同僚A「うぅっ……」
同僚B「酷い……誰がこんな事を……」
アラン「あらら」

アラン「誰か亡くなったんですね。(まぁ、人間だしな)」

何で君そんなに冷静なん。

普通知らないシムでも亡くなったり墓石があったら悲しむものじゃないんですか?

ワームホール発生器の調整でワンテンポ遅れたせいで、悲しむイベントスキップした……?!

ちなみにアランには「不死の喜び」みたいなヴァンパイアパワーは取っていません。

 

せっかくなので死神に挨拶をしておこうとアランに指示を出した時、いつもなら「元気な自己紹介」とか「友好的な自己紹介」を選ぶのですが、間違って「魅惑の自己紹介」をしてしまいました。(まあいいか)

ちょびっとピンクゲージが生えてしまいましたが、引き続き我がワールドのに死神さんについて聞いてみます。

我がワールドの死神さんはオレンジ色が嫌いでせっかちだそうです。

だからと言って何もありませんが、スクリーンショットもたくさん撮っていたので、通知を消し消ししていると、変わった通知を見つけました。

ん?何これ?

不滅の崇拝
雷は同じ場所に二度落ちることはないと言います。アランに伝えてください。彼は彼の夢のシムを見つけ、奇跡によってアラマタとも結婚することが出来ました。

(以下略)

更にアランにも見慣れぬムードレットが付いています。

ホンカホンカ バーニング・ラブ
(配偶者を想うより)
アランは突然、アランが特定の誰か、最愛の配偶者を渇望していることに気づきました。彼は愛の分野で大成功を収めました。人生の愛するパートナー以上に彼の欲求を満たす人はいません。彼らのことを考えるだけで、アランは彼らの存在を切望します。彼の心を捉えたこのシムを抱きしめ、愛したいという燃えるような願望。

 

要するにアラマタの事めっちゃ好きやん!好きやん!好きやん!…

 

という事で、無駄にピンクゲージを生やしてしまった死神さん。あなたにはもう興味はないので関係を解消してお帰りいただこう。

ばいばーい。

未だかつて死神にこんなに雑な扱いをしたことがあっただろうか。

その後のアランです。

いつもの通り、アラマタが傍に居ないので緊張しています。

(というか死を目撃したムードレットが付いていない)

心配性
(嫉妬深い特質により)
恋人と一緒にいないと相手が今何をしているのか…誰と一緒にいるのか分かりません。

尊……。帰ったらいっぱいいちゃいちゃしてね……。

 

その頃、怒りに燃えるブラウンカーソンがゴミ箱を蹴り倒しています。

再三言うようですが、私は何もやっていない……!

でもゴミ箱を蹴倒したくなる気持ちはわかるぞ。

 

帰宅!

アラン「俺は最低だ……。いくらプレイヤーの指示とはいえお前以外を誘惑するなんて……」
プレイヤー(それはほんとごめん
アラマタ「誘惑って、……何?職場で一体何してきたの?」

アラン「……なんでもない。帰ったら一番にお前を抱きしめたかった」
アラマタ「何でもないって……」

アラマタ「どうしたの今日は、そんなに焦って……んっ」

プレイヤーは最早きゃーきゃー言いながらスクショを撮るマシーンに成り下がりました。

アランの「愛してる」が画面越しに聞こえてきそう。

死神の件は完全に私のミスですので、アランには非はありませんよと必ずアラマタには伝えておきます。

やっぱりうちのBEST OF LOVE×2 カップルはアラアラだわ!
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!! 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【シムズ4】Vampaires (20) ゴーストナイト・リベンジ【プレイ日記】

こんにちは、togomamaです。

タイラーに付いて久々に高校へ行ってみたらユーセフが居ました。

保護者のカリムが行方不明になってしまったので、ユーセフはティーン1人の世帯になってしまい、いつか消えてしまうのではと地味に心配しています・・・。

 

前回ミアとレオンは仲良くやっている様子を取り上げましたが、タイラーもレオンとよく遊んでくれています。

これはパイパーのハグ拒否にしょんぼりする幼児のレオン。

たまたまと思いますが、パイパーの態度に憤るようにタイラーが後ろで文句を言っていました。

あと私がいつも言っている仕事帰りに可愛いミュールを履いているバグです。

(アランはそんなキャラじゃないんだよ!やめてくれ……!)

先日始めの頃の記事を読み返していると、ミュールでないまでもアランが時々帽子を脱いで設定していない靴を履いていたことに気付きました。

アランの服は……、パジャマと水着以外は全て帽子を被っているんです。

気付いた時にはミュールから変わらなくなってしまいましたが、帽子を脱いでいる時にはこういう事が起こっているんだな、と思ってください……。

 

パイパーが帰った後にレオンと遊ぶタイラーです。二人共すごく楽しそう。

かなり芸術点が高い足ぴーん。

なんだか可愛いですね。

 

そんな優しいお兄ちゃんにも、ムカつくことがひとつあります。

うるさい音楽
(うるさい音楽を聴いた結果)
鼓膜が…破けそう!ティーンが近くでうるさい音楽を聴いているに違いありません。

プレイヤーも散々ムカついておりますが、リビングにベッドのあるレオンはスピーカーやテレビの音でしょっちゅう起きてきてしまうので安心して寝られません。

レオン「おにいたん、うるちゃいの!!!」

にこにこしていますがレオルドやアラベラも内心キレていました。

 

誰かのクラブのメンバーに誘われてバーにやって来たマーカー家。

何故かこの日はあっちもこっちもセレナーデを歌っていました。

レオルドに向かって熱唱するアラベラ。

アラマタがセレナーデを歌った後にお返しに歌うアラン。

と、場を盛り上げてくれるルイス。

しばらくは自シムのワイワイしている様子を眺めて楽しんでいたのですが、突然アニデンがレオルドにビンタをお見舞いしていました。

は?!昔生えてた2mmほどの恋愛ゲージのせいか……!?

どうやらアラベラにレオルドがお返しのセレナーデを歌っていた事で浮気扱いになったみたいです。

他のシムといるところを見られました
(浮気が原因)
一度に複数の人と関係を持つのは良い考えではないのかもしれません。特に、それが秘密であるべき関係の場合は。

最近は落ち着いていますが、昔のレオルドは誘惑的な状態で無差別攻撃をして世帯をめちゃくちゃにする事がよくあったのです……。

ま、いいか。これでもうアニデンは嫉妬しないし!

 

レオンの幼児スキルがMAXになったので、ケーキを焼いて子供へ成長しました。

子供時代の願望は「青年実業家」特質は「天才」です。

マーカー家で肩身の狭い思いをしながらも、唯一の肉親であるレオルドに優しく大切に育てられ、皆に認めてもらえるよう努力していく……みたいな感じで育って欲しいと思っています。

なので珍しく「ありがとうとごめんなさいを教える」とかやってみました。

レオルド「日頃から礼儀正しく接していたら、周りも自分に親切にしてくれるようになるからね」
レオン「うん……」(パイパー姉さんにも認めてもらえるようになれるかな……)

髪型と服装を少し変更しました。髪型は父レオルドと同じものに。

将来爽やかイケメンに成長する素質があるような気がする……。

 

コナーがミアをデートに誘ってくれました。

何その私服。おばちゃんみたいやん。

現場に着くと普通の服を着てくれています。逆に仕事着のまま来てしまったミア。

ミア「ごめんね、こんな格好で……💦」
コナー「いや、いいよ。仕事帰りで疲れてるだろうに、来てくれたんだね。芸術家って感じでカッコいいよ」

この時のミアさん、「コナーと婚約する」という欲望が出ていました。

え?やっちゃう?やっちゃう???

アニデンとホワキンの時には全然こういう吹き出し出なかったのに、ミアはコナー大好きみたいですね。
(それを言うとアニホワが冷めているみたいだがそんなことはない……はず)

まぁまずはデートを楽しんでもらおう。と眺めていると、バーカウンターの裏で周囲に見せつけるようにいちゃつく二人。

バーテンダーのお姉さんも若干苦笑いしているような気がします。

しばらくは自律に任せて二人のデートの様子を眺めていたのですが、日が暮れた頃に見覚えのあるお方がやって来ました。

ん?

な、なんで……?前にゴーストナイトでイキカエーレしたじゃん……?!

togo8205.hatenablog.com

そしてこちらにももう一人。

はぁ?!

ちゃんと復活させたって……!(震え)

togo8205.hatenablog.com

とはいえ、カリムの方は実は少し前に死んでいることに気付いていたんです。

ウォルフガングの死亡回辺りでウォルフのイタズラ王願望を進めるためにチェーンメールを送ろうとしたら既に死んでいました。

たまたまゴーストナイトの日だったみたいです。

あ~もう~……こうなったら……!

片っ端から生き返らせる!!!

※ミアとコナーのデートは終了しました。

最初ミアが仲良くなって家に呼び出せんかな~とか思ったのですが、セレブランクのせいでお話にならず、アラベラを呼びました。

そんな事しなくてもレオルドがイキカエーレを使えるんだった、と後で思い出し無事復活のオクタビアさん。

と、アル・ファッシ カリム。

こうして見ると結構カリムってイケオジですね!

世帯の管理に相変わらず見つからない二人ですが、イオナさんをうっかり整形した時に彼女がその他世帯の上へ移動していたので、次に見つけた時には同じようにして元の世帯へ戻す希望はあるはず……!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【シムズ4】Vampaires (19) 仲が良いやら悪いやら【プレイ日記】

こんにちは、togomamaです。

今回は久々のマーカー家へやって来ました。

いつもイーゼルに吸い寄せられるアラベラが今日も何か描いています……ん?

なっ……、なんだねその絵は。何か言いたいことでも……?!(焦)

 

マーカー家では前回タイラーがティーンへ成長しました。

前回のお話はこちら。

togo8205.hatenablog.com

レオルドの産んだエイリアン……じゃなかった、普通の子供は現在幼児です。

レオルドは子供を可愛がってくれていますが、アラベラママ……じゃない、「世帯のメンバー」は何か言いたそうな顔をしているような。。。

 

レオルド「エイリアンの子を産んだからって、君との関係が変わるわけじゃない。僕の心はずっと君だけのものさ」

なんて、そういう事言うのは産んでない方だと思うけれど、アラベラはレオンの存在にどう折り合いを付けていくのでしょうね。

 

本日は愛の日です!ミアのボーイフレンドのコナー君が遊びに来てくれました。

さっそくミアの外見を褒めてくれるコナー君。

コナー「ミア!今日も可愛いね」
ミア「ありがとう。コナー君も素敵だね!」

コナー「せっかくだからデートに行かない?ミアに渡したいものがあるんだ」
ミア「本当?何だろう、楽しみ……?」
コナー「この……」

コナー「ドリンクをくらえ!!!」バシャー
ミア「何すんのよ!?急に!(怒)」

この後何故かミアに「洗練された弁明」の選択肢が出ていました。

してないしてない、弁明するのは向こうの方でしょ……!

と思っていると、今度は愛の日の贈り物を渡してくれるコナー君。

君の情緒よく分からん……。

 

レオルドもアラベラに愛の日の贈り物を贈りました。

普通ならバラなんだろうけれど、レオルドは昔植物博士だったので「死の花」をプレゼント。

最近死人が多いもんでね……。

死の花と言えば、亡くなろうとしているシムが居る時に、死神に渡すと見逃してもらえるアイテムですよね。

死神にバラを差し出してもウケは狙えませんが、この花ならきっと死神を満足させて、あなたを命の危機から救ってくれるでしょう。

引用 シムズ4情報wiki

レオルド「この花を持っていれば、死神も僕らを別つことはできないはずだよ」
アラベラ「良い香り……。ありがとう、レオルド……!」

ちなみにレオルドは過去2回死んでおります。

 

ミアはよく自律でレオンと遊んでくれています。

タイラーともよく一緒に居たし、弟として可愛がってくれているのかな。

お嫁に行く前に子育てスキルも地味に上がっているので、将来は良いママになれそうです。

 

土曜日の朝、プレイヤーはすっかり忘れていたのですが、オリビアがタイラーをプロムに誘いに来てくれました。他に相手おらんかったんかな。

オリビア「叔父さんどうせプロムの相手居ないんでしょ?」
タイラー「おじさんはやめてよ。まだ僕ティーンなんだから……」

何だか苦虫を嚙み潰したような顔のタイラー。

しばらくプレイヤーがレオンの子育てに集中していたので、タイラーには親しい友人や気になる女の子が居ません。何ということ!?

オリビア「プロムで他のクラスや学年の女子とお近付きになれるかもしれないよ」
タイラー「えぇ~……、あんまり興味ないなぁ」

 

せっかく姪に誘われたので重い腰を上げてプロムに行ったタイラーですが、なんだか騒然としているプロム会場。

会場の外には全裸でシャワーを浴びるクラス担任。

ま、またかお前ーーー!!?

こんな奴が先生をしていても良いものなんでしょうか、雨が降ってるから、まさかとは思っていたけれど……!

 

この日はご近所ケンカ自慢の日のため、クラスメイトの女の子を捕まえてボコボコにするタイラー。

先生とは別の方法で会場の注目を一身に集めます。

ケンカの後は仲直りのお喋り。

タイラーの願望もある程度進めているので、「もうすぐ自分はクラスメイトの前から消えるんだよな……」と思いながら一緒に居ることを思うと、なんだかマーカー家の元にした「増血鬼かりん」の煉や杏樹の覚醒の話を思い出すなぁ。

まぁ、タイラーが卒業するのはヴァンパイアに覚醒するからではなく普通に成長するだけなんですが。

 

先ほど雨で体を流していた全裸シャワー先生が女生徒に話しかけています。

服を着ていると普通の優し気な先生なんですが。。。女生徒に近寄らないでください!

姪のオリビアとプリンセス家のアリアですね。

アリアの軽蔑するような冷めた瞳が何かを物語っています。

 

自宅にて、画家キャリアに進んだミアとアラベラが並んでお絵描き中です。

何だろうその……、チョコまぶした豚が大量に降って来てるような絵……?

と思ったのですが、アラベラの絵の値段を見てみたらびっくりしました。

§7,643⁉

ルイスの役者仕事1回分の給料くらいあるじゃん!?

Get Famousだと1回の仕事でオーディションと撮影まで3~4日かかって§7,000~8,000だったのに、拘束時間1~2時間でコレはヤバいな……!

 

以前、レオルドにアラベラの絵を描いてもらったので、アラベラにもレオルドを描いてもらいました。

ふへへ……、良い瞬間が撮れたね(嬉)

 

ある日のミアさん。欲望の吹き出しに「コナーといちゃつく」が出ていました。

ミアとコナーは結構出会いからスピード交際させてしまったので、こうしてミアから「会いたいな♡」みたいなアクションがあると嬉しいです。

高校の卒業以来、特にこちらからコナーを呼んだり誘ったりもしていなくてあまり会う機会がないのでコナーに「陽気なメッセージ」を贈ってみると、すぐに遊びのお誘いがありました!

ミア「コナー君、会いたかった!」

軽いスキンシップでいちゃつきたい欲望を叶えて、あとはしばらく自律を見守ります。

なんとなく意味深そうな吹き出しを出しながらルークも交えて会話する3人。

コナー「結婚や交際なんて面倒なだけだって言う人もいるけど……」

コナー「大切な人とずっと一緒に居られるなら結構良いと思うんだ」
ルーク「そうなんですね~」(なんだこのカップル)
ミア(結婚かぁ……。私もいつかできるのかな)

見守るとは言ったものの、大人は公園では特にやることがない……。

水風船のバケツがあったので、遊んでもらいました。

ノーコンのミアを揶揄うコナー。真横に居ればさすがに当てられるぞ。

オラッ!この前のドリンクの恨み!!!

あのドリンク投げつけや「洗練された弁明」のせいで、ギスギスした感じになってたらどうしようと心配でしたが、楽しい休日を過ごせたようで何よりです。

 

自宅にて、レオンをお風呂に入れてあげるアラベラ。

優しい表情を向けてくれていると安心しますね。

プレイヤーは未だに受け入れられていませんが、一応この子もマーカー家の家族と認めてくれているみたい。

ミアは相変わらず面倒見が良いけれど、パイパーはいまいち弟にピンと来ていない様子です。

以前にレオンの「愛情を確かめる」ハグをパイパーには拒否されてしまいました。

パイパー(弟弟って言うけど、違うでしょ……?)

この頃めっきり子育てばかりになったマーカー家ですが、成長した子供達に将来ワールドで活躍して貰えればなぁと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。